〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町6-15

093-321-2453
24時間ネット受付

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科なら、門司港の末永産婦人科・麻酔科医院

骨盤ケア

4Dエコー 骨盤ケア教室 求人情報 医院BLOG
MOBILE SITE
HOME»  骨盤ケア

骨盤ケア

骨盤ケア

当院では、妊娠、分娩、産褥期を通して骨盤ケアを行っています。

妊娠中の腰痛・恥骨痛などに対し少しでも症状が改善するよう操体法の紹介をしています。
また、痛みがない方も、スムーズにお産が進むよう
妊娠中から操体法をお勧めします。
妊娠中の方は、妊婦健診時受付にご相談ください。
トコちゃんベルトの試着及び購入もできます。

陣痛が始まってからも、赤ちゃんの顔がお母さんのお腹の方を向いていたり、
赤ちゃんのあごが上がって少し上を向いていると、お産が長引きます。
赤ちゃんが上手く骨盤に入っていける姿勢がとれるよう、骨盤輪を支持し、
操体法を行います。一緒に頑張りましょう。

お産後は、すぐに、さらしでの骨盤輪の支持を行います。
緩んだ骨盤を心地よい位置と強さで支持します。
入院中、腰痛、恥骨痛、お尻の痛み、尿漏れなど気になることがありましたら、
遠慮なくスタッフにお知らせ下さい。

他院でのご出産の方

トコちゃんベルト(選び方、巻き方、操体法の説明等)を希望される場合は、必ず電話予約して来られてください。
説明に要した時間により、指導料が発生します。

骨盤矯正

妊娠中には骨盤が開き、産後にはゆっくりと閉じていきます。その時に正常な位置に戻るとは限らず、妊娠前からの骨盤の歪みや妊娠中の不自然な体勢などの影響により骨盤が歪んで固定される可能性があります。 歪んだ骨盤は血流の流れを悪くしその結果、脂肪の燃焼を妨げてしまいます。そうなると太りやすい体質に変化してしまい、体調不良にも繋がります。 産後一ヶ月はまだ安静が必要なのですが、産後二ヶ月からは骨盤を矯正していくことが必要です。骨盤が閉じた状態になるのが六ヶ月後ですので、それまでには矯正して歪みを直すことをおすすめします。

歪みによるその他の症状

妊娠中には骨盤が開き、産後にはゆっくりと閉じていきます。その時に正常な位置に戻るとは限らず、妊娠前からの骨盤の歪みや妊娠中の不自然な体勢などの影響により骨盤が歪んで固定される可能性があります。 歪んだ骨盤は血流の流れを悪くしその結果、脂肪の燃焼を妨げてしまいます。そうなると太りやすい体質に変化してしまい、体調不良にも繋がります。 産後一ヶ月はまだ安静が必要なのですが、産後二ヶ月からは骨盤を矯正していくことが必要です。骨盤が閉じた状態になるのが六ヶ月後ですので、それまでには矯正して歪みを直すことをおすすめします。

○尿漏れ

胎児が出てくる産道の内側の軟産道は出産の時に大きく伸びます。そして産んだ後には徐々に戻るのですが、出産時にゆるんだり傷ついたりすることが原因で、産後に尿漏れを起こす可能性があります。

○腰痛や股関節痛

妊娠中にお腹が大きくなり、その為に背骨のS字カーブが大きくなります。それと共に仙腸関節もゆるむので、そういったことが産後の腰痛の原因となります。また、骨盤が広がると共に股関節も同時に歪みます。これらの動きは全て出産の為の必要な動きなのですが、それらが閉じていく時にしっかりと歪みを直していくことが大切です。

骨盤周りが変化しやすい産後だからこそ、逆にいいタイミングだと思ってしっかりと骨盤を正すことに専念しましょう。骨盤ベルトを有効的に使えば健康も維持でき、美しさもキープできます。 北九州市で産科をお探しでしたら、自然分娩を推奨しております当院をお選び下さい。当院では立ち会い分娩も可能です。骨盤ケアも実施しており、トコちゃんベルトの試着や購入もできます。また、断乳や卒乳でお悩みの方の乳房外来も開設しております。

北九州市で産科(産婦人科)を受診するなら【末永産婦人科・麻酔科医院】

北九州市産科産婦人科に通おうとお考えの方は【末永産婦人科・麻酔科医院】まで。出産のほかにも、更年期外来やおっぱい外来、骨盤ケアなどの診療もあり、STD検査(性病検査)、子宮癌検診(頚癌)などに対応しております。
また、お腹の中にいる赤ちゃん(18週~35週の間)の顔を撮影することができる4Dエコーや、里帰り出産の受け入れなどといった設備や体制が充実していますので、北九州市で産科をお探しの方は、ぜひご来院下さい。

Page Top