北九州市の産科・婦人科を利用するなら【末永産婦人科・麻酔科医院】

〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
お問い合わせはこちら

093-321-2453
トップページ医院案内医師・スタッフ紹介アクセス当院の歴史

妊娠中に大切な

体重管理

トップページ»  妊娠中に大切な体重管理
ネット受付

 

妊娠すると子宮内で赤ちゃんを育てるための準備が整えられ、母体の血液量が増えます。このようなことが関係して、お母さんの体重も増えていくのが一般的です。どの位の体重増加なら良いのか分からずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

食事の食べすぎに注意

過去に、「妊娠中は赤ちゃんの分まで食事を取る必要がある」といわれていました。しかし最近では、「妊娠中の急激な体重増加は良くない」という言葉を耳にする機会も多くなりました。色々な情報が飛び交い、どちらが正しいのか分からずに悩んでいる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。「赤ちゃんの分も」と考えて、単に食事量を増やすのは良いとはいえません。

妊娠中は、栄養価が高い食事を食べることが大切です。
食事でバランス良く栄養を摂取するためには、様々な食材から栄養を取ることが大切で、妊婦さんに必要な栄養素といわれている、葉酸、カルシウム、鉄分を積極的に摂取することを心掛けると良いでしょう。

食事を食べることが辛い時は

妊娠中は体の変化をじかに感じたり、体調が優れなかったりして食事を思うように食べられない時もあるでしょう。母親が食べた食事の栄養は、へその緒を通って赤ちゃんに届けられるので、どんなに食事を取ることが難しくても、全く食べないというわけにはいきません。どうしても食事をすることが難しいという時は、おやつを上手に活用することをおすすめします。おやつといっても、砂糖や塩分、カロリーが高いお菓子というわけではありません。

妊娠中のおやつは、「不足しがちな栄養を補給すること」を目的に摂取するのがポイントです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれているナッツ類や食物繊維が豊富なイモ類を蒸して食べるなど、おやつの栄養に細心の注意を払いましょう。

BMIを目安に考える

体重増加は、BMIを目安に考えると分かりやすいです。BMIは自分の体型を把握する一種の目安として考えられており、一般的にBMI値が18.5未満で痩せ型、18.5以上25未満が普通型、25以上が肥満型といわれています。

痩せ型の方は9から12キロ、普通型の方は7~12キロの体重増加を目安にすると良いでしょう。肥満型の方は出産時の体の負担が大きくなる傾向があるので、産婦人科で相談することが大切です。肥満型以外の方も、不安であれば産婦人科で相談することをおすすめします。

門司港町近郊にお住まいの方で産婦人科をお探しの方は当院をご利用下さい。当院では、妊婦さんと赤ちゃんに優しい出産のお手伝いを心掛けており、帝王切開は本当に必要だと判断した場合のみ実施いたしております。里帰り出産や子宮ガン検診、助産師外来にも対応しているので、ご不明な点がある方はお気軽にお問合せ下さい。ご希望であれば婦人科家族泊も可能なので一度ご相談下さい。

pagetop