〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町6-15

093-321-2453
24時間ネット受付

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科なら、門司港の末永産婦人科・麻酔科医院

子宮癌検診(頸癌)施設案内

4Dエコー 骨盤ケア教室 求人情報 医院BLOG
MOBILE SITE
HOME»  子宮癌検診(頸癌)

子宮癌検診(頚癌)

綿棒による細胞採取で細胞診を行います。必要があればコルポスコープによる検査や細胞診(癌の疑いがある方のみ)を行います。

子宮頚がんの基礎知識

骨盤ケア

子宮頚部(子宮の入り口)で発生する子宮頚がんは、無症状の内で発見しやすい疾患です。無症状とはいえ、性行為の際に出血がある、おりものの量が増えた、月経量の増加または月経期間が長い場合は、すぐに婦人科を受診するようにしましょう。子宮頚がんは主に、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発生します。 ただ、感染したとしても必ず子宮頚がんが発生するわけではなく、多くが免疫によって排除されています。感染が長期間におよぶと自然治癒できず、正常ではない細胞「異型細胞」が増殖し、子宮頚がんへと進行するのです。子宮頚がんは婦人科での診察・検査で発見しやすいですが、進行すると適切な治療が難しくなるため、早期発見が重要とされています。

 

子宮がん検診は門司区の【末永産婦人科・麻酔科医院】へ~再検査・細胞診も可能~

門司区で子宮がん検診をご希望の方、再検査・細胞診を含めて【末永産婦人科・麻酔科医院】へお越し下さい。子宮の内膜から直接細胞を取ってがん細胞がないか検査を行う細胞診は、検査の時間も短く身体への負担も非常に少ない検査方法です。子宮がん検診以外にもSTD検査も行っていますので、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。 門司区にお住まいになる女性が、一生涯健康でいられるためのお手伝いをする、かかりつけ医を目指しています。休診日は木曜と土曜の午後、日曜・祝となっていますが、急患は常時受け付けていますので、安心してお問い合わせ下さい。

 

子宮頚がんを防ぐ定期検診

門司区で子宮がん検診・妊婦健診なら【末永産婦人科・麻酔科医院】~4Dのエコーがあります~

骨盤ケア

門司区で子宮がん検診・妊婦健診をご希望の方、4Dのエコーがある【末永産婦人科・麻酔科医院】へお越し下さい。開業40年、門司区の皆さまに頼れる存在でありたいと考えています。産婦人科医・助産師・看護師と万全の体制でお産をサポートいたします。 妊娠18週から35週から撮影も可能な「4Dエコー」は、妊娠中から赤ちゃんのお顔を見ることができると大変好評です。妊婦さんだけでなく、更年期外来や子宮がん検診も行っていますので、何か不安なことがありましたらいつでもご相談下さい。

子宮がん検診は門司区に住む女性の健康を守ります~コルポスコープ診も可能~

門司区で子宮がん検診をお考えでしたら、コルポスコープ診も可能な【末永産婦人科・麻酔科医院】へお越し下さい。コルポスコープ診とは、膣拡大鏡を用いて子宮頚部・膣壁の粘膜や血管に異常がないか観察を行うものです。 異常があった場合のみ綿棒で子宮頚部細胞診を行い、より詳しい検査を行います。そのため、コルポスコープ診自体は痛みや出血を伴いません。安心して受検して下さい。定期検診を行うことにより、子宮がんの多くを早期発見することが可能です。

子宮頚がんを防ぐには定期検診を

骨盤ケア

平成25年実施の国民生活基礎調査(厚生労働省)によると、日本では子宮がん検診の受診率が40%と低い状況にあることがわかっています。特に、子宮頚がん検診はOECD加盟国の中でも最も低く、20%にとどまっているのが現状です。子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が主な発生源であるため、パートナーを持ちやすい20代から30代の若年層に急激に広まっています。 しかし、感染症以外にも妊娠・出産が多い方、喫煙などで発生するリスクが高まるため、安心のためにも最低2年に1回は受検を心がけましょう。粘膜表面に発生する「上皮内がん」であれば、子宮を摘出することなく温存したままで治療が可能です。

 

Page Top