北九州市の産科・婦人科を利用するなら【末永産婦人科・麻酔科医院】

〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
お問い合わせはこちら

093-321-2453
トップページ医院案内医師・スタッフ紹介アクセス当院の歴史

上手な断乳の進め方

トップページ»  上手な断乳の進め方
ネット受付

 

上手な断乳の進め方

赤ちゃんの気持ちを優先して、現在は卒乳が主流になりつつありますが、様々な理由から「断乳」を決意するお母様もいらっしゃいます。

こちらでは、上手な断乳の進め方を紹介しておりますので、断乳をお考えのお母様はご参考下さい。

真冬と真夏、入園時期は避ける

真冬と真夏は断乳を避けたほうがいいでしょう。寒い時期は風邪が流行しやすく、断乳するとホルモンの影響でお母さん自身も体調を崩しやすくなります。暑い時期は体力を消耗したり水分不足になったりしがちなので、真夏も避けたほうがいいでしょう。
また、入園当初はストレスがかかりやすいので、入園時期も避けることをおすすめします。

断乳日を決める

断乳すると、子供を前で抱っこできないほど胸が張ることもあり、子供が大泣きすることもあります。断乳は子供もお母さんも体力を消耗しますので「断乳する日」をあらかじめ決めておき、その日はできるだけお父さんも自宅にいるようにしましょう。断乳は3日間ほどかけて行います。

授乳を徐々に減らし、断乳を子供に伝えておく

授乳を徐々に減らし、断乳を子供に伝えておく

断乳日が決まったら徐々に授乳の量や回数を減らしていきます。最初は飲む時間を短くし、時間を短くしても大丈夫そうであれば回数も減らします。

おっぱいを欲しがって泣いた時は、おやつや飲み物をあげる、散歩をするなどして気を紛らわしてみて下さい。また「この日におっぱいとバイバイしようね」と、断乳することをあらかじめ伝えておきましょう。

3日間かけて行う

断乳する日を迎えたら、朝の授乳を最後にその後は一切飲ませません。中には2~3日泣き通す子供もいますが、どんなに大泣きしても大抵3日もすれば欲しがらなくなります。断乳はつらい時間ですが頑張って乗り切りましょう。

門司港周辺で授乳・断乳・卒乳に関するお悩みをお持ちの方は、門司港近くにある当院にご相談下さい。産科医院の当院では「おっぱい外来」を開設しており、おっぱいに関する様々なお悩みに対応しております。骨盤ケアや緊急避妊にも対応していますので、トコちゃんベルトピルについてもお任せ下さい。また、当院は自然分娩や帝王切開、里帰り出産、立会い分娩も承っています。心温かいスタッフが丁寧に対応いたしますので、安心してお越し下さい。電車でお越しの際は、JR門司港駅をご利用下さい。

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科の病院なら末永産婦人科・麻酔科医院

末永産婦人科・麻酔科医院 概要 / 北九州市

医院名 末永産婦人科・麻酔科医院
住所 〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
電話番号 093-321-2453
URL http://www.suenaga-mcl.com/
診療科目 産科・婦人科・麻酔科
説明 末永産婦人科・麻酔科医院は、福岡県北九州市・門司港の産科・産婦人科・麻酔科の病院です。自然分娩・帝王切開や里帰り出産も承っております。子宮ガン検診など各種検診も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
pagetop