北九州市の産科・婦人科を利用するなら【末永産婦人科・麻酔科医院】

〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
お問い合わせはこちら

093-321-2453
トップページ医院案内医師・スタッフ紹介アクセス当院の歴史

ピルについて正しい知識を持とう

トップページ»  ピルについて正しい知識を持とう
ネット受付

 

ピルの基礎知識

ピルの基礎知識

○ 避妊の仕組み

避妊方法はいくつかありますが、避妊効果が最も高いとされているのがピルです。ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されており、ピルを飲むことで排卵が抑制されるため受精・妊娠を防ぎます。また、子宮内膜にも働きかけるので、万が一排卵があっても受精卵が着床しにくくなり、子宮入り口の粘液を変化させるので精子が入りにくくなります。

○ ピルの種類

ピルは21錠タイプ・28錠タイプの錠剤数の異なる種類と、1相性・3相性のホルモン配合割合による種類があります。ピルは決まった時間に毎日服用しますが、21錠タイプは21日間服用した後に7日間服用を休止し、8日目から再開します。

一方、ホルモンの入っていない錠剤を7錠プラスしたのが28錠タイプです。28錠タイプは、休止期間がなく毎日服用するので、休止期間後の飲み忘れを防げるとされています。

次に、1相性ピルは服用方法が簡単で、生理日の調整も容易にできるため使い慣れた方に人気のようです。3相性ピルは本来のホルモンバランスに近いので、ホルモンパターンが生理周期に似ているのが特徴です。

緊急避妊薬・アフターピル

アフターピルは、性交後72時間以内に服用することで妊娠が防げる避妊法です。最新のアフターピルである「ノルレボ錠」は、旧式のアフターピルに比べて吐き気や嘔吐感が軽減されていることと、1度の服用で効果があることから、現在多くのクリニックや産科医院で処方されつつあります。ただ、アフターピルは、あくまで最終手段であることを念頭においておきましょう。

ピルは女性の意思で行える避妊法

ピルは、女性の意思だけで行える避妊方法です。女性は子供を産める権利を持つと同時に、子供をきちんと育てる責任も持ちます。避妊についてはパートナーときちんと話し合うことが大切ですが、女性だけの特権を持つ以上、ライフスタイルやファミリープランを考え、「今は赤ちゃんを産む時期ではない」と感じたら、自分の意思で避妊をすることも大切です。

北九州市で産科医院をお探しでしたら当院にお越し下さい。北九州市門司港駅近くにある当院では、緊急避妊法であるアフターピル(ノルレボ錠)の使用方法について説明いたしますので、避妊に失敗してしまったという方はお越し下さい。
また、当院は、自然分娩や帝王切開、立会い分娩、里帰り出産も承っており、トコちゃんベルトの使用方法、断乳方法についても対応いたします。北九州市で婦人科系の悩みを相談するなら、当院をご利用下さい。

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科の病院なら末永産婦人科・麻酔科医院

末永産婦人科・麻酔科医院 概要 / 北九州市

医院名 末永産婦人科・麻酔科医院
住所 〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
電話番号 093-321-2453
URL http://www.suenaga-mcl.com/
診療科目 産科・婦人科・麻酔科
説明 末永産婦人科・麻酔科医院は、福岡県北九州市・門司港の産科・産婦人科・麻酔科の病院です。自然分娩・帝王切開や里帰り出産も承っております。子宮ガン検診など各種検診も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
pagetop