北九州市の産科・婦人科を利用するなら【末永産婦人科・麻酔科医院】

〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
お問い合わせはこちら

093-321-2453
トップページ医院案内医師・スタッフ紹介アクセス当院の歴史

もしものときのために帝王切開になるケースとは

トップページ»  もしものときのために帝王切開になるケースとは
ネット受付

 

産科、婦人科、麻酔科の診療を行っている当院では、逆子を防止するための骨盤ケアを実施しております。逆子になってしまうと帝王切開の可能性が高くなってしまいますが、知識を備えておけば不安も少しは和らぐはずです。
こちらでは、もしものときのために役立つ、帝王切開になるケースをご紹介します。

もしものときのために帝王切開になるケースとは

帝王切開は2つのケースがある

自然分娩ではリスクが伴うと判断された場合、お腹を切開し赤ちゃんを取り出す「帝王切開」を選択することになります。
帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」があります。

○ 予定帝王切開

予定帝王切開は計画的に行われるもので、妊娠中に自然分娩が難しいと判断されると、医師と相談して事前に手術日を決めます。手術日は正規産である37週以降に設定され、赤ちゃんの成長の様子によって決定されます。予定帝王切開になるケースで最も多いのが「逆子」「多胎妊娠」「前置胎盤」です。

逆子は頭が最後に出ることでへその緒が圧迫される危険性があり、多胎妊娠はお産の途中でトラブルが起こる可能性があるためです。前置胎盤の場合は多量の出血が予想されるため、帝王切開になります。その他、子宮筋腫などの子宮疾患や重度の妊娠高血圧症候群、児頭骨盤不均衡などの場合にも予定帝王切開が適用されます。

○ 緊急帝王切開

お産前やお産中に赤ちゃんや母体に異常が生じ、早急に赤ちゃんを取り出す必要があると判断されると、緊急帝王切開が行われます。赤ちゃんの異常で緊急帝王切開になるケースは、赤ちゃんが産道を通る際に回旋に異常が生じる「回旋異常」や、胎児の首にへその緒が巻きつくなどして、赤ちゃんが低酸素状態になりやすい「胎児機能不全」などです。

また、胎盤が剥がれ低酸素状態になる「常位胎盤早期剥離」や子宮内で感染が起こる「重症の子宮内感染」、その他、遷延分娩、臍帯下垂、軟産道強靭などの状態になると母体が危険と判断され、緊急帝王切開が適用されます。

北九州市で産科、婦人科、麻酔科のご相談は門司港近くにある当院にお任せ下さい。門司港駅から徒歩2分の場所にある当院では、自然分娩、帝王切開、立会い分娩、里帰り出産に対応しております。当院は駐車場もございますので、門司港以外にお住まいの方もお気軽にお越し下さい。

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科の病院なら末永産婦人科・麻酔科医院

末永産婦人科・麻酔科医院 概要 / 北九州市

医院名 末永産婦人科・麻酔科医院
住所 〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町6-15
電話番号 093-321-2453
URL http://www.suenaga-mcl.com/
診療科目 産科・婦人科・麻酔科
説明 末永産婦人科・麻酔科医院は、福岡県北九州市・門司港の産科・産婦人科・麻酔科の病院です。自然分娩・帝王切開や里帰り出産も承っております。子宮ガン検診など各種検診も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
pagetop