〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町6-15

093-321-2453

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科なら、門司港の末永産婦人科・麻酔科医院

避妊相談

求人情報 医院BLOG
MOBILE SITE
HOME»  避妊相談

低用量ピル

ピルとは

経口避妊薬である低用量ピルは主に排卵を抑制することにより最も確実に安全に避妊することができます。
また低用量ピルの効用は避妊だけでなく月経不順・過多月経・月経痛・月経全緊張症(PMS)の緩和が期待でき、長期間内服することにより子宮体癌・卵巣がん・良性の乳房疾患などの病気を減少させる効果もあります。

避妊するためのピルは
1.排卵を抑制する
2.精子が子宮にはいりにくくする
3.着床しにくくする
といった3つの効果で避妊効果を発揮します。
ピルはきちんと内服すればほぼ100%の避妊をすることができ、妊娠を希望する場合は内服をやめることで妊娠が可能となるメリットもあります。

ピルの処方について

ピルをご希望される方には、問診と使用上の留意点を説明した上で、低用量ピルを処方します。
ピルの服用に伴う最大のリスク、合併症は「血栓症」です。当院では血栓症のリスクが高まる40歳以降や喫煙者、肥満の方などに対しての低用量ピルを含めたピルの処方は、原則として行っておりません。ピル服用が適さない患者さまには、代わりの治療法をご提案いたします。
また、ピルを安心して服用していただくために、当院では半年に1回の婦人科診察と1年に1回の採血を行っています。他院で1年以内にすでに検査を受けている場合は検査結果をご持参ください。

子宮内避妊器具(避妊リング)

子宮腔内に留置するタイプの避妊器具を使用することにより、避妊に繋げることが出来ます。種類はいくつかありますが、当院では、ミレーナを扱っています。

ミレーナとは

ミレーナは黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが付加された避妊リングです。ミレーナから放出される黄体ホルモンが子宮内膜の増殖を抑え子宮内膜を薄くするため受精卵の着床を防いだり、子宮の入り口の粘液を変化させ精子が腟内から子宮内に侵入するのを防ぐ効果があります。
また、子宮内膜を薄くすることで経血量を減らし、月経痛を軽くする効果があり過多月経・月経困難症の症状緩和が期待できます。

ミレーナのメリット

  1. 長期間(5年間)の効果が期待できる。
    一度挿入すると5年間効果を発揮し続けるため、ピルのように内服忘れ等による失敗がありません。
  2. 費用対効果が高い。
    同じ目的で低用量ピルの服を5年間服用した場合と比較すると、ミレーナの方が受診回数も少なく月ごとの費用を計算すると安価と言えます。
  3. ピルを内服できない方でも使用することができる。
    血栓症のリスクのある方・40歳以上の方・1日15本以上タバコを吸う方・高血圧・肥満の方など低用量ピルを内服できない方でも使用することができます。

ミレーナの副作用

挿入後、下腹部痛・月経時以外の出血・月経周期の変化・腰痛などの副作用が起こることがあります。
ミレーナを挿入した多くの女性が経験するマイナートラブルとしては「不正出血」があります。1か月で収まる方もいますが半年程度、不正出血が続く方もいますが次第に落ち着きます。

ミレーナ挿入後の検診

ミレーナを挿入後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に位置の確認を行います。
その後、落ち着いたら1年に一度、子宮がん検診とともにミレーナの定期検診を受けましょう。

緊急避妊ピル

緊急避妊法とは避妊をしなかったセックスの後でも72時間以内に緊急避妊薬を内服することで妊娠を回避するものです。

当院では9,000円(税込)にて緊急避妊ピルを処方しています。(初診再診料は別途頂戴いたします)

Page Top