〒801-0852
福岡県北九州市門司区港町6-15

093-321-2453

北九州市の産科・産婦人科・麻酔科なら、門司港の末永産婦人科・麻酔科医院

帝王切開

求人情報 医院BLOG
MOBILE SITE
HOME»  帝王切開

帝王切開術とは

帝王切開は母体の腹部と子宮を切開して赤ちゃんを外科的に取り出す方法です。
帝王切開を行うのは、前回帝王切開の方・逆子の場合・自然分娩が困難な状態など母体・赤ちゃんあるいはその両方にとって経腟分娩よりも安全と判断した場合に行われます。
帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2パターンがあります。

予定帝王切開

予め、帝王切開の日時を決めてその予定された日に実施する帝王切開のことです。

緊急帝王切開

お母さんや赤ちゃんの状況によって急遽すぐに実施する帝王切開のことです。

当院は麻酔科医が常時待機しているので夜間・休日も緊急帝王切開に対応可能です。

腹部の皮膚切開方法について

帝王切開にはお腹の中央を縦に切る「縦切開」とお腹の下部を横に切る「横切開」の2種類あります。
それぞれメリット・デメリットがあります。

縦切開

腹部の筋肉や腱が縦に走っているので、縦切開の方が自然で出血は少ないのですが傷跡が目立ちます。

横切開

横切開は恥毛のすぐ上を切開するので傷跡が目立ちにくいですが手術に時間がかかります。

当院では基本的に「横切開」を行っています。ですが、緊急帝王切開や前回が縦切開をされている場合は 「縦切開」となります。

帝王切開術における疼痛管理

帝王切開術では「硬膜外麻酔」「脊椎麻酔」を併用し疼痛管理を行います。
術後も数日間、硬膜外麻酔を使用することで産後の手術の痛み等をできるだけ軽減しお過ごしいただけるように疼痛管理に力を入れております。

赤ちゃんとの対面について

予定帝王切開術では、硬膜外麻酔と脊椎麻酔をしているのでお母さんの意識があり、赤ちゃんの産声を聞き、赤ちゃんと対面することができます。
緊急帝王切開の場合も同様に産声を聞き対面することができますが、状況によっては手術が終了してから対面となる場合があります。

Page Top